佐藤亮子さん著『頭のいい子に育てる3歳までに絶対やるべき幼児教育』まとめ。

育児

こんにちは、MIYUです☆

本日は、最近私が読んだ書籍について紹介したいと思います!

佐藤亮子さん、ご存じでしょうか?

そう、「4人の子供全員が東京大学理Ⅲ(医学部)に合格した」という、あの方です!

子供がいる方なら一度は耳にしたことがある方も多いかもしれません。

私はずっと、一体どんな家庭環境ならそんな奇跡が!?と思っていたので、ちょうど我が家にも幼児が2人いるという事でこちらの本を読んでみることにしました。

ざっくりでも概要を知りたいよ、という方のために、本当にざっくり大筋をまとめてみました。

1.『絶対やるべきこと』はおおむね2つ。

  • 絵本を1万冊読む。
  • 童謡を1万曲歌う。

この2つです。正確には1万回絵本を読み、1万回童謡を歌いましょう、ということですね。

なぜ絵本と童謡?

正しく美しい日本語をたくさん聞かせることで、国語力(読解力)を身に付ける、という事です。

どの教科でも問題は日本語で問われる。よって国語力の低い子は全ての教科で点がとれないということです。なるほど確かに。

MIYU
MIYU

佐藤さん自身は1日に絵本10冊、歌10曲など計画的に進めたそうですよ。

童謡なんてほとんど知らないんですが・・・

MIYU
MIYU

佐藤さんは童謡のCDを使っていたそうですよ!

なるほど!これならたくさん歌ってあげられそうです!

MIYU
MIYU

絵本や歌の内容をリアルに結びつけると良いそうですよ。「あれマツムシが~」の歌なら、実際にマツムシ見せて鳴き声を聞かせるとか。

2.佐藤家の家庭環境。テレビは撤去!

  • テレビは見せない。ゲームももちろん無し。
  • 親はリビングで新聞を広げる。
  • 遊びはパズル、トランプ、工作など。
  • 子供全員がリビングで勉強する。
  • 子供の前でスマホは見ない!

テレビやゲームは一方通行の情報で、雑多な情報が多く流れてくる。3歳までには不要!という佐藤ママの考え。

MIYU家は朝と夕方、同じ内容のEテレ2回見せてますけどね。

MIYU
MIYU

お互いコミュニケーションが取れたり、自分の頭で考えるような遊びが大事という事ですね。

3.佐藤家の習い事は「勉強」「運動」「芸術」分野から1つずつ。

  • 「勉強」→公文式で国語と算数。
  • 「運動」→プール学習を楽しむため。
  • 「芸術」→心の癒し

MIYU
MIYU

佐藤ママ曰く、「まず重要なのは国語力!英語は後からでもいい」との事です。

えっ、でも「英語耳を作るには3歳までが重要」とかよく聞くんですが・・・

MIYU
MIYU

そうですよね。私も子供に英会話を習わせています。佐藤ママはもともと英語教師なんですね。なので、英語教育は後からでもご自分でいくらでも教えられたのかなと個人的に考えています。

英語を全く話せない親御さんにとっては、英語で苦労してほしくないと思いますよね・・・

MIYU
MIYU

その辺は各家庭の事情に合わせていいのかな、と思います!

4.小学校入学までにマスターさせるべきこと

  • ひらがな
  • カタカナ
  • 数字
  • 1桁の足し算
  • 九九

今の時代、小学校入学と同時にひらがなをすらすら書ける子はかなり多いそうです。入学時に「おなまえは何とか書けます」程度では、夏休み前に落ちこぼれる、というのが佐藤ママの考え。

MIYU
MIYU

確かに、娘も幼稚園でお友達からお手紙を貰ってきますが、みんな年少さんでもひらがなを書けている!うちの子は・・・トホホ。

え、九九もですか?習うのは小学校2年生ですよね?

MIYU
MIYU

九九で苦労する子は多いそうです。なかなかすぐに覚えられるものでもないので、とにかく入学前に丸暗記させてしまいましょう、との事ですよ!

確かに私の子供、九九が覚えられなくて居残り練習させられたりして、そこからずっと算数が嫌いだったわ・・・

5.子供との接し方

  • 最大のNGワードは「ちょっと待って」
  • いつでも最大限に子供の話を聞き、受け止める
MIYU
MIYU

私、今まで子供に言った言葉で1番多いの「ちょっと待って」じゃなかろうか?

これ言ったことない親います?

MIYU
MIYU

まあ、とにかくそのくらい子供を最優先せよ、という事よね・・・

いかがでしたでしょうか?

今回ご紹介したものは本当に一部の抜粋で、もっと凝縮した幼児教育の内容が詰め込まれております。

もちろん全てを取り入れるのは無理ですが、私も読んでいてハッと気付かされる点が多くありました。

読んでまず損のない思います。324ページと厚めの本ですが、文字がそんなに多くないのでさらっと読めます。

また、巻末には佐藤ママおススメの年齢別絵本リストと童謡リストが掲載されています!

ぜひ手に取って読んでみて下さいね☆

コメント

タイトルとURLをコピーしました