実際に使ってよかった幼児英語教育・知育にお勧めのDVD2作品

育児

こんにちは!4歳と1歳を育てている札幌在住MIYUです☆

突然ですが、「知育」好きですか?「幼児英語教育」興味ありますよね?笑

私も大好きなキーワードです。

せっかく子供に与えるなら、なんか質の高そうなものや教育によさそうなものを選びたい・・・世のママならみんな思っているかと思います。

そこで今日は、我が家で実際子共に見せている知育的コンテンツを2つ紹介します!

幼児に見せたい知育コンテンツはこれだ!

  • リトルアインシュタイン By ディズニー
  • パウ・パトロール By ニコロデオン(カナダのアニメ)

①リトルアインシュタイン(2歳~5歳向け)

ご存じの方は少ないのかな?と思われるこちらの作品。日本では2006年~2008年の限られた時期にテレビ放送されていたようです。

まず、これはめっちゃおススメ。

おすすめポイント!

  1. クラシック音楽や世界的に有名なアートに触れられる!
  2. 参加型のストーリーで子供がどんどん引き込まれる!
  3. 英語で見せれば幼児英語教育になる!

実際にDVDのパッケージにはこのように書かれています。(抜粋)

『一流のアートやクラシック音楽のモチーフを通してかわいいリトルアインシュタインたちと一緒に楽しめる参加型の内容は、ディズニーが贈る“心の栄養”です』

グッとくるでしょ?(≧▽≦)

スートーリーには4人のキャラクターとともに、ドヴォルザークやグリーグといった誰もが知っているクラシック音楽にのせてストーリーが展開されていきます。同時に、世界遺産の実写映像や一流のアート作品などもモチーフとして使われ、子供の感性をバッチバチに刺激してくれます。

スートーリーの内容としては、クリアすべきミッションがあり、仲間とともに冒険に出て解決する、といったところでしょうか。

キャラクターはアニメの中で見ている子供たちに「一緒に手を叩こう!」「バイオリンの音はどれ?」などと頻繁に問いかけてきます。

一緒に参加することで、見ている子供もどんどんストーリーに引き込まれていきます。

ドライブ中に見る映像としてもおススメ!👍

そして我が家では全て英語で見せています。

リトルアインシュタインは内容がまさに知育!といった感じなので、使われる英語も少し難しいように思います。でも何となく話の内容は理解できているところが子供の耳のすごいところ!

繰り返し見ているうちに、我が家の子供たちも英語のフレーズを真似したりしていて、ちゃんと聞いているんだな~と感心します。

DVDには必ずボーナスコンテンツが入っているのですが、『ミッキーのクラブハウス』や『おたすけマーニー』などのディズニーアニメが入っていたりして、ボリュームもたっぷり!

選んで間違いない、かなり良質のコンテンツです。

②パウ・パトロール(3歳~幼稚園児向け)

おすすめポイント!

  1. どんなトラブルも仲間と一緒に必ず解決できる!というストーリー
  2. キャラクターそれぞれに違った役割があり、全員が必要な存在
  3. 英語で見せれば英語教育にも

こちらは知ってるよ!見てるよ!という声も多そうです。

男の子も女の子もみんな大好きパウパトロール!オッケーパウパウ!🐶

本国カナダでは2013年から放送され、大人気でにシーズン7まで放送されているようです。

我が家では4歳の娘が大好きすぎて、クリスマスプレゼントに9枚組のDVDボックスを購入しました。毎日嫌というほど見てます。よく飽きないな・・・

そう、飽きないんですよね、パウパト。

私がパウパトの一番いいなと思うところは、「全員違った役割を持っていて、全員が必ず必要な存在」ということがよくわかる点です。

そして、誰かが何か失敗してもいつもみんなが笑っていて、お互いをフォローしあってるんですよね。「失敗しても大丈夫」っていうのが繰り返し伝えられていて、子供にとってもすごくいいなと思うんです。

そして我が家はパウパトも英語で見せてます(笑)。

パウパトロールはリトルアインシュタインよりも単純で簡単な英語なので、繰り返し見ているうちにいくつかのフレーズを覚えてくると思います。

我が家の4歳娘は1歳過ぎから英語教育をしていて少し英語が話せるので、問題なく内容は理解出来るようでした。

映像と合わせて繰り返し英語を聞くことで自然と覚えてしまう子供の耳ってやっぱりすごい!!

毎週金曜日17:55~からのアニメ(執筆当時)も必ず見てます。テレビ東京ですよ!

いかがでしたか?

我が家のとっておきたいとっておき!の2作品を紹介しました。

ぜひ見てみて下さいね☆感想などもお聞かせいただけると泣いて喜びます!

最後までお読み下さりありがとうございました!!

(^_-)-☆

コメント

タイトルとURLをコピーしました