幼稚園の選び方!雰囲気重視?プログラム重視?~我が家の場合

こんにちは!幼児2人を育てているMIYUです☆

我が家は現在4歳の年少さんクラスに通っています。ありがたいことに娘は幼稚園大好き!絶対に休みたくないタイプで、これまでにお休みしたことはたった1日しかありません。

幼稚園の雰囲気が娘に合っていて、とても楽しく通っています。親としてはとても嬉しいですね(*^^*)

今回は、我が家が幼稚園を選ぶまでの経緯と、決め手となったポイントを紹介します♪

幼稚園 イラスト フリー素材 に対する画像結果

まずは、私が今の幼稚園を選ぶポイントとなった点です。

  • 父母会(PTA)がない→親の出番がなく役員もないので楽!
  • 年少から午前保育がない→入園して以来午前中で帰ってきたことはありません。
  • お弁当が少ない→現在は週に給食4日、お弁当が1日です。
  • バスがある→私立なら大体あると思います。
  • 英語、サッカー、空手などの特別授業がある。
  • プレに行ったときなど、先生たちの雰囲気が良さそう。

あっ、ばれました?(笑)

そう、基本的にいかに親がラクかどうかで選びました(*´з`)

ただし、やはり園の雰囲気は一番大切です。ウチの幼稚園は在籍園児400名を超える超マンモス園ですが、それだけに園庭でわーっと遊ばせるようなのびのびした雰囲気の園です。

とにかく体を動かすことが大好きで、一度公園に行ったら3時間は帰ってこれない娘の性格にとても良く合っていました。

最近ではカリキュラムが超英才教育の幼稚園が人気の傾向で、プレのプレまで行ってないと入れないところもあるみたいですね。プレのプレってなんじゃそりゃ。プレプレ?

大前提として、親が入れたい幼稚園」ではなく、「わが子に合っていそうな幼稚園」を選んであげるのがやはり良いと思います。

どんなにカリキュラムがしっかりしていても、子供自身に合っていないと「幼稚園行きたくない!」なんてことに・・・

さて、幼稚園選びのポイントとなりそうな点をいくつかあげてみます。

幼稚園はやっぱり近いほうがいい

3~6歳くらいの幼児期、特に年少さんともなるとまだまだ体は丈夫でないですし、園ではやっている風邪や感染症などもすぐにもらってきてしまいます。

「お熱が出てしまったので今からお迎えお願いします!」なんて急に連絡が入ることも。

それ以外でも「家の都合で急にお迎えに行かなければならなくなった」「予防接種など病院に連れて行ってから登園する」など、いろいろとイレギュラーなケースも出てきます。

そんなときのために、ある程度近い距離のほうがいいと考えるご家庭は多いようです。

園の在籍人数で選ぶ人もいる

ウチの幼稚園は超マンモスなので1クラスの人数も30名と多く、各学年4クラス~5クラスあります。ゆえに一斉にわーっと遊ばせる一斉保育が多いです。

また、行事の時などは当然保護者の数が多いので観覧席もギュウギュウになります。

逆に1クラス20名で1~2クラスしかないような少人数の幼稚園では1人1人にしっかり目が行き届くというメリットがあります。

お子さんの性格に合わせて選ぶのも方法かと思います。

プレは必ず行くべし

これは先輩ママ全員が同じように言うでしょう。幼稚園は必ずプレに行くなり園庭開放に行くなりして、先生の様子や園の雰囲気を見るべきです。直接先生と話すことで、入園後に必要な情報など事前に入手することもできます。

プレでのチェックポイント

  • 先生同士の雰囲気。ギスギスした感じではないかなど。
  • 事務の先生の質問に対する受け答え→ものすごい冷たい対応ならちょっと考える・・・
  • 園児の様子。表情はどうか?挨拶はできるか?など。

また、入園後に必要となるグッズは市販OKかハンドメイド指定かもチェックしておくといいかもしれません。市販不可のところは正直めんどうですよね(*_*;

あとは、プレに行ってないとそもそも願書がもらえないなんてところもありますので、そこは要チェックです。

幼稚園によって全然違う!お弁当、午前保育、保育料などなど

これらに関しては、幼稚園によって本当に全く異なってきます。

◎お弁当→全てお弁当のところもあれば、全て給食のところもあります。全てお弁当であれば当然ですが給食費は発生しません。

◎保育時間→年少のうちは週1回程度午前保育という所が多いようです。娘が通う幼稚園は年少から午前保育はありませんが、甥っ子が通っていた園では年長になっても午前保育があったそうです。午前保育は出来る限り少ないほうが親としては楽ですね。

◎園で使うグッズ→まれに、「全て手作りで!市販不可!」という厳しめの園もあるようです。娘の幼稚園は100均のでもモノが入れば何でもOKというくらい緩いので助かりました(;^ω^)

ハンドメイドが苦手な方はこの部分も考慮するといいかもしれません。とはいえ、メルカリなどのフリマアプリでいくらでもオーダーできる便利な時代なので、あまり問題にはならないかと思います。

◎カリキュラム→最近では英語教育を取り入れているのは珍しくなく、ダンスやサッカーなどの課外授業を積極的に取り入れている園が多いようです。

中には「食育」をテーマに園児が畑で育てた野菜を自分たちで調理する実習がある園も。

まるで習い事のように色々カリキュラムが組まれている園だと、親としても「いいな」と思うかもしれません。ただし、もしそれらのカリキュラムが子供に合わない場合、幼稚園に行き渋る・・・ということもあり得ますので、子供の性格を考慮することが大切です。

カリキュラムが厳しくて、わが子が「落ちこぼれ」になってしまった・・・

というケースもあるらしいわよ・・・

◎保育料→現在は幼稚園や保育園の満3歳児以上の保育料無償化ということになっていますので、保育料に関してはどの園でも保護者負担はあまりないかと思います。(インターナショナルスクールなどを除く)

なので、実費として園に支払うのは給食費、教材費、施設維持費、バス代(利用者のみ)などになります。

給食費とバス代はどの園でも実費で支払うと思いますが、教材費や施設維持費は保育料に含まれているよ、という園もあるようです。ちなみに娘の幼稚園では毎月1万円を実費として支払っています。

無償化と言いながら、案外かかるよね・・・とママたちの間ではいつも囁かれています(;^ω^)

それに加え、園指定の制服、リュック、帽子、靴、園によってはブラウスや靴下まで指定というところも!これらの制服類は入園前の制服合わせの際に申し込んで事前に支払いになります。

何だかんだめっちゃお金かかるのよ、幼稚園・・・

まとめ

さて、たくさんいろいろと書き込んできましたが、少し幼稚園についてイメージして頂けたら幸いです。

結論は、色んな幼稚園を見て、我が子に一番合いそうな幼稚園を選ぶということですね。どんどんプレや園庭開放にいきましょう!

プレなどの情報は、各幼稚園のホームページに載っています。

よくわからなければ直接園に電話しましょう!私はガンガンかけました☆

この記事が皆さんの幼稚園選びの手助けになればうれしく思います!何か聞きたいことなどがあれば遠慮なくお問い合わせからメールしてくださいね!

最後までお読みいただきありがとうございました(*^^*)

コメント

タイトルとURLをコピーしました