BABY KUMON体験に行ってみました!

育児

こんにちは!MIYUです。

先日、子供4人を東大医学部に合格させた佐藤亮子さんの著書『3歳までに絶対やるべき幼児教育』についての記事を書きました。

本書の中で佐藤ママが強調していたのが、「早期幼児教育は大事!」ということで、更に「うちの子が東大に入れたのはくもんのおかげ」とまで仰っていました。

うーん、そこまで言うなら公文、気になる。

自宅の目めっちゃ近く(徒歩3分くらい)に教室あるし、体験に行ってみよう!と思い、体験申し込みをしたのでした。

BABY KUMON体験の流れ

  • 世間話
  • 体験で貰えるお試し教材の説明
  • 次回の訪問の日程決め

世間話も含めて、25分ほどでした。

現在はコロナ禍ということもありあっさりとした説明に留めているのかもしれません。

お試し教材を2週間ほど使ってみてどうだったか、という事を次回報告(?)する必要があるため、約2週間後にもう一度教室を訪れる必要があります

教材はこんな感じ

このようなお試し教材を頂きました。

「貸出用」と書かれている絵本は、通常だと2週間後に再度訪れた際に返却するようですが、このご時世なので返却は不要ですとの事でした。

「絵本」「歌」「やりとり」の3つを通じて親子の触れ合いの時間を持ちましょう、というのがコンセプトのようです。

「うたぶっく」にはQRコードが付いていて、アクセスするとYouTubeで歌を聴けるのでメロディーが分からなくても安心です。

「おためしレシピ」は保護者用です。Baby Kumonについての説明や、教材の使い方、遊びの広げ方などが書かれています。

最後のページには「れんらくシート」なるものが付いていて、お試し教材を使っての感想や子供の反応などを書き込み、2週間後に先生にお見せする形になります。

入会するとこんな流れになる。価格は?

Baby Kumonでは、教材を使って家で遊ぶ→月に1度教室で先生と振り返りという流れになるようです。

会費は1か月2,200円(税込)。入会金は無しとのこと。

かなり通いやすい価格設定だなと思います。

Baby Kumonに向いてるのはこんな人

  • 早くから幼児教育を始めたい人
  • どんな風に子供と遊べばいいか分からない人
  • 教材の使い方に自信がない人

Baby Kumonでは年齢に合った教材が用意されており、かつ月に一度先生との振り返りがあるため、悩んだら都度アドバイスがもらえます

我が家では4歳の子供が赤ちゃんの時から「こどもちゃれんじ」を受講していますが、先生と直でやり取りするようなシステムはありません。なので教材の使い方で悩んだ時など相談できる環境があるのはすごくいいなと思います。

さっそく頂いた教材を使って1歳の子供と遊んでみたいと思います!

2週間後また教室へ行ったら改めて記事を書きたいと思います☆

コメント

タイトルとURLをコピーしました